<   2010年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

4月も終わり。

f0212035_22574455.jpg


いよいよ温かくなってきました。
お花見の季節が終わって、次は梅雨の季節がやってくると思うと、なんだか心も湿っぽくなっちゃったりして・・・。
そんな気分も吹き飛ぶように、耳元にはお花を咲かせて。
[PR]
by bijoux2323 | 2010-04-29 23:02 | アクセサリー

お気に入り。

実家の玄関に入るとある、お気に入りです。

f0212035_0201732.jpg


数年前に、マレーシアの海岸で夢中になって拾った貝殻たち。
[PR]
by bijoux2323 | 2010-04-29 00:27 | 好きなもの

最終章<松本市美術館>

いよいよ長野の旅も最終です。
最終章は、やはり草間彌生さん。みなさんご存知かとは思いますが、直島にもある黄色いかぼちゃのオブジェは代表作品です。
彼女は、なんと長野県松本市出身なんです。というわけで、かなり個性的な展示を見に行って参りました。館内撮影禁止(どこでも禁止ですが)ここはかなり厳重でした。

じゃじゃん!!↓

f0212035_1850094.jpg


いきなり玄関に、草間彌生さんの”幻の華”が野外展示されています。
ダイナミックです。迫力あり。この想像力、すごい・・・。圧巻。

↓みてみて!!

f0212035_9523836.jpg


こんな可愛らしい作品もあるのねぇ~。しかもコカコーラとコラボしちゃってます。

3Fに展示室がありました。独創的でおもしろいです。
常に頭の中に??マークが出てくる作品ばかりなんですが、ユニークで、奇抜で、今の言葉でいうとまさに”きもかわいい”・・・(笑)。

是非、体験してみてください。自然と笑みがこぼれて、草間さんの作品にハマルはず。


今回の旅は、長野の大自然と、アートを一緒に体験できる旅になりました。本当はもっともっと紹介したい素晴らしい美術館や場所がありますが、1ヶ月はかかってしまいそうなのでこのへんで。
次回の旅はフランス、パリへご案内する予定です。お楽しみに☆
[PR]
by bijoux2323 | 2010-04-25 10:10 |

f0212035_23583786.jpg


やってきました!!大王わさび農場!!
水の綺麗な土地には、なんといっても山葵。
本当に川の水が綺麗で、宮崎駿のナウシカとか、もののけ姫のワンシーンみたいな透き通った湧き水が流れていました。普段のイライラも一緒に流れていってしまえ~ぃ・・・って思いました。

f0212035_093760.jpg


こんなに山葵だらけで、誰が消費してるんだって思うくらい、永遠わさび・・・。永遠みどり・・・。
水が流れる音や、水車が回る澄んだ川を見ていると、こんな世界があったんだ!と、普段どれだけせわしなく日々を過ごしているかという事に気づいたりする。


f0212035_013633.jpg


お昼は、オーガニックカフェ・シャロム。
森の中で楽しむピースフードがテーマ。ピースフードとは、心を平和にし、体に調和をもたらす食べ物のこと。
なるべく地元の”安心食材”を使うようにこころがげ、マクロビオティック、穀物菜食をベースにしたベジタリアンメニュー。
ランチタイムは玄米ランチ、薪の石窯ピッザが人気。

f0212035_0192566.jpg
←<お品書き>

・車麩のフライ
・レンコンとゴボウのハム仕立て
・切干大根のトマト煮
・さつまいもと、もち粟のサラダ
・厚揚げと焼き葱のソテー










f0212035_0344478.jpg



ピッザを    →
石釜で焼くところも
食べながら見る事が
出来ます。









f0212035_0292845.jpg
←外の景色を見ながら
ゆっくり、昼食。

食事の後は
外でお散歩。
[PR]
by bijoux2323 | 2010-04-24 00:37 |

f0212035_2345878.jpg


IIDA・KANは無料で入れます。
ここは、ハーモニック・ドライブ・システムズという会社の敷地内にあります。・・・どんな会社かと思ったら、精密機器の製造・販売を行っているとの事。(簡単にいうとですが。)
2000(平成12)年、創立30周年を迎えるにあたり、次の世紀に向けてさらに創造性の高い精緻な仕事をめざすため、2000年にIIDA・KANが作られたのだそう。
独創的な彫刻家のひとりとして、さらに個性的な詩作や鋭い視点からの美術評論でもひろく知られる飯田善國さんの作品が多数。
・・・貸切でした(笑)
無機質な空間と、外の桜と青い空が、それはそれは綺麗でした。



f0212035_235356.jpg


禄山美術館。
日本の近代彫刻の扉を開いた荻原守衛(碌山)の作品と資料を永久に保存し、一般に公開するために、昭和33年4月、碌山の生地である安曇野に作られた美術館。
この建物の雰囲気が時代を感じます。夏になるとツタには青々と緑が生い茂る。
作品の中には、高村光太郎の彫刻もあり、小さい頃学校の授業で習ったあの人?っと思い、少し興奮しました。


f0212035_23174872.jpg


また正面の扉には、→
こんなに素敵なモチーフが・・・。
お見逃し無く☆
[PR]
by bijoux2323 | 2010-04-22 22:53 |

f0212035_1961344.jpg
 

今回は美術館を目指して長野へ行ってまいりました。
2日間で8館回りました・・・(行きすぎか?)。それでも全部回りきれなかったのには驚き。
安曇野にはアートラインといって、大きな美術館から小さな絵本館まで多数のアートに出会える街があるんです。

その中でもお気に入り、まずは、いわさきちひろ美術館を紹介します。
ちひろ美術館は世界最大規模の絵本美術館だそうです。田園風景が広がる広大な土地に、絵本の部屋や子供の部屋、北アルプスを望むカフェ。周囲は安曇野ちひろ公園が広がり、四季折々の花々を楽しみながらゆっくりと過ごせます。
もう少し温かい季節になると、芝生も青々として色とりどりの花々も顔を出すのだそう。


f0212035_191535100.jpg

いわさきちひろさんって、こんな
絵を書く方で、すごくタッチがやわらかく
て色も淡く、小さな子供の絵が多い。

なんだかすごくなつかしく感じるし、
心が穏やかになれる、そんな作品ばかり。




私の母親もいわさきちひろが大好きで、絵が家に飾ってあったのだそう。どうりで懐かしいはずだ(笑)。

f0212035_19253950.jpg
まずは、絵本の部屋→
これ読んだことある~ってゆう
懐かしい絵本が沢山。
いちいち、椅子や机が可愛い!!
建物の中は全て温かい木目で
統一。








f0212035_19281827.jpg
←こちらは、子供の部屋。
靴が脱げるようになっていて、
大きな窓から外の景色が
ばっちり見えて、
奥にはこんなちっちゃな
椅子が並んでました。





f0212035_19394237.jpg
→カフェ。
のどかな風景を眺めながら、
ゆっくりと過ごせます。
オーダーを待ってる間に
ちょっと散歩できたりします。
本当に気持ちがいいです。









建物もすごく素敵で、今まで観たことの無い作品にも出会えて充実。
いわさきちひろさんの絵は元々好きでしたが、さらに好きになりました。
[PR]
by bijoux2323 | 2010-04-21 19:48 |

りぼん②

f0212035_112073.jpg


小ぶりだけど
クリアな感じで、清潔感があって可愛い。

さりげなくて、女性らしい感じ。

たまにはこんな感じもいいな。
[PR]
by bijoux2323 | 2010-04-17 01:12 | アクセサリー

りぼん

f0212035_20103884.jpg


ちょっと可愛らしいピアスを作りました。
りぼんをつけて、黒色のストーンで
少しアンティークっぽく。
[PR]
by bijoux2323 | 2010-04-14 00:04 | アクセサリー

京都、桜満開。

桜の見ごろも終盤を迎え、次に雨が降れば一気に散ってしまいそうな気配。
本日は、曇りのち雨・・・。何とかお昼位までもってくれたら・・・って祈りながら。

f0212035_010164.jpg

まずは、仁和寺(ニンナジ)。
遅咲きの桜で有名な、御室桜(オムロサクラ)が七分咲き位だったな。一面が真っ白な御室桜でいっぱい。その数約200本だそうです。江戸時代にはすでにこの場所に植えられていたらしく、江戸時代中期には観桜の名所として知られていたのだそう。そんな桜を何百年たった今もこうして眺めながらふと思う。
桜や草花を観て、イライラしたり、嫌な事を思い出して憂鬱になる人がいるんだろうか?そんな人は、いないに等しい。むしろ、自然と笑顔になって、心がワクワクして癒される。だから、昔も今も人はお花見が大好きで、特に桜の季節は、どんなに暗いニュースが流れても、希望や光が見えるような気がして嬉しい。

仁和寺の朝方は、雨が降ったり止んだりでしたが、桜に雨の雫が垂れる感じも趣があります。

f0212035_0173637.jpg←御室桜です。

満開になれば、
真っ白のじゅうたんみたいな
風景が広がるんだろうな・・・。












f0212035_0293814.jpg

次は、平安神宮。
広大な神苑は回遊式になっていて、約300本の桜を楽しめる桜ノ苑。東神苑では栖鳳池にかかる泰平閣より尚美館を中心とした雅な景観が迎えてくれる。 神苑をゆっくり歩いて回ると30分はかかる。

f0212035_0315612.jpg

↑中央には、着物を着た女性が二人。なんだか素敵。普段、着物を着るわけではないが日本人に生まれてよかったとおもふ(笑)

さて、仁和寺、平安神宮は言わずと知れた桜の名所ですが、実は取っておきの名所見つけました。
↓ココです。名所から外れたところに、なんと隠れた名所が・・・。素敵じゃないですか?場所はよくわかりませんが偶然出会いました。あえて調べないで、心の中にしまっておくつもり。

f0212035_0354846.jpg


こんなに綺麗なのに、誰もいない・・・。独り占め☆
しばらく撮影会になりました。
f0212035_0402913.jpg


こんなに、ゆっくり桜を観たのは初めてかもしれない。嬉しくて、はしゃぎすぎて、その日の夜はありえない位に疲れ果て、一秒で眠りにつきました。夢から覚めませんように・・・。
・・・もちろん次の日の朝夢から覚め、仕事に行き、電車が遅れ遅刻しました・・・。現実ってこんなもん。(笑)
[PR]
by bijoux2323 | 2010-04-13 00:21 |

特別な日に。

f0212035_01039.jpg


リクエストに答えて、パーティーのような特別な日に
ぴったりのピアスを作りました。

エメラルドグリーンの石の下に、パールとラインストーンの入ったパーツ、
一番下は細いゴールドのチェーンがゆらゆら揺れて素敵です。



f0212035_0102940.jpg
←耳につけるとこんな感じです。

二次会や、結婚式にも活躍してくれそう☆
[PR]
by bijoux2323 | 2010-04-09 00:15 | アクセサリー